【滋賀】日本茶のルーツどこ? 中国・天台山と大津の茶葉をDNA比較 「人類のルーツもDNAによって明らかになりつつある」茶発祥の地は中国?インド?日本?まさかの韓国も

1: 樽悶 ★ 2019/06/03(月) 23:08:16.00 ID:Gg7XUGjt9
昔ながらの茶木から葉を摘み取る和田事務局長=昨年12月、中国・浙江省で(県茶業会議所提供)
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20190602/images/PK2019060102100225_size0.jpg

日本茶発祥の地は、滋賀県なのか-。この問いにけりをつけようと、県茶業会議所は、平安時代の僧で天台宗を開いた最澄が修行した中国の天台山と、持ち帰った茶の実を植えたとされる大津市坂本に生えている茶木の葉をDNA分析して比較し、類似性を確かめようという取り組みを進めている。和田龍夫事務局長(68)は「歴史的な裏付けを手に入れ、味とともにPRしたい」と意気込む。

昨年十二月初め、和田事務局長とJAこうかの山田嘉一郎組合長、甲賀市内の茶農家三人が、中国・浙江省を訪れた。天台山の主峰・華頂山(一、〇九八メートル)に登るためだ。

霧が立ち込める中、現在も手で摘まれている茶畑が中腹に広がる光景を見ながら、現地ガイドの案内で登山。頂上付近にある昔ながらの茶木から、葉を五枚摘み取った。中国は検疫が厳しく直接持ち帰ることはできなかったが、何とか手続きは進み、今年二月末になって会議所に届いた。

日本茶の起源には、諸説ある。まずは、滋賀県が主張する最澄説。八〇四年に唐に渡り、天台山国清寺で修行した最澄が、持ち帰った茶の実を近江国坂本に植えたという。ゆかりの日吉大社に伝わる「日吉社神道秘密記」に、その記述がある。

最澄が帰国して十年後の八一五年には、嵯峨天皇が近江の梵釈寺でお茶を飲んだという記録も「日本後紀」にあり、和田事務局長は「最澄の木が育ち、その茶を飲んだ可能性もある」と想像を膨らませる。

そのほか、鎌倉時代の臨済宗の開祖栄西が、佐賀県の東脊振村の山腹に、宋の国から持ち帰った種をまいたのが始まりとする説も。甲賀市と接する京都府宇治田原町は、江戸時代に永谷宗円が煎茶の製法を開発した功績から「日本緑茶発祥の地」をうたうなど、各地がPR合戦を繰り広げている。

会議所は現在、華頂山の茶葉と、大津市坂本に古くから残る茶木の葉をDNA分析するため、冷凍保存しながら最適な検査機関を探している。もちろん、どちらも最澄の時代の木が残っているわけではなく、交配や世代交代が進んでいるとみられるが、和田事務局長は「人類のルーツもDNAによって明らかになりつつある。ある程度は解明できるのでは」と期待する。

昨年は茶農家とともに、魚由来などの成分にこだわった新有機配合肥料を開発し、甲賀市内の全茶畑面積の四分の一に当たる七十二ヘクタールで使用している。同市の土山、朝宮両地域を主産地とする県内の茶の生産量は、全国のわずか0・8%程度だが、和田事務局長は「一番茶の収穫が全て終わる六月末ごろには、新肥料で育った茶の成分や販売単価が分析できる。生産量は少なくても、歴史、味の両面で日本一の産地だとアピールしていきたい」と話す。

中日新聞 2019年6月2日
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20190602/CK2019060202000011.html

引用元: ・【滋賀】日本茶のルーツどこ? 中国・天台山と大津の茶葉をDNA比較 「人類のルーツもDNAによって明らかになりつつある」

16: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:16:50.76 ID:79JWf4nP0
>>3
韓国は糞茶くそ茶 

日本は緑茶

5: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:11:24.97 ID:PaFv3mvd0
案外、元はインドとかかもしれんぞ。
122: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 01:34:41.33 ID:hQ4B/lUF0
>>5
インドはイギリスが侵略後に植えさせてるからまず違うな
茶は椿の類縁で東~東南アジア一帯に生えてるから
その辺りが原産なのは間違いないと思う

ちなみに椿自体は日本原産だったりする

9: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:13:43.46 ID:GNnn+P3K0
漢字、着物、瓦屋根、お茶、人間
ネトウヨさん?
140: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 11:17:37.05 ID:S07nvB/h0
>>9
昔の中国は偉大だったな
14: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:16:32.22 ID:CRfKtAZk0
韓国には茶がないから、人参とか茶以外のものを煎じて飲む。こればっかりは、起源を主張できないんだなw
40: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:36:56.51 ID:A85EY5MD0
>>14
要するに茶の木を栽培して茶葉を摘むような余裕などあの地には無かったという事だわな
25: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:25:07.83 ID:VyU5HTLi0
茶は中国
インドの紅茶は英国人が中国からお茶の木を持ち込んで
インドで紅茶を生産して英本国で販売した
27: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:25:42.94 ID:U8hCHGmw0
古代韓国では茶を飲む習慣があった事を示す証拠があるから
韓国起源でいいだろ
https://img.kaikai.ch/img/2671/104
31: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:27:46.27 ID:r8rBYPV00
だからって滋賀なんかのお茶を飲もうってなるか?
32: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:29:10.42 ID:VyU5HTLi0
訂正 ウイキで調べたら以下の通り
紅茶は伝統的に中国で栽培されていたチャノキ(学名:Camellia sinensis (L.) Kuntze 基本変種)
の葉から作られていたが
1823年にインドのアッサム地方で高木になる変種のアッサムチャ
(学名:Camellia sinensis (L.) Kuntze var. assamica (J.W.Mast.) Kitam.)
が発見され、以後インドやスリランカなどでは後者の栽培が盛んになった
108: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:28:31.74 ID:AiAXSO6l0
>>32
ダージリンなんかは中国種をインドで栽培したものだったはず。
日本の国産紅茶もダージリンっぽくなるし。
35: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:32:14.56 ID:Hhpq/1090
一応は日本茶も中国茶も紅茶も茶葉のもとは似たようなもんなんだろ?
発行させるかしないかみたいな話聞いたけど
36: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:33:51.66 ID:3Zn/iug50
お茶として喫茶が起きる前から茶の木は日本に自生してたって話なかったっけ
37: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:35:25.38 ID:q36+C+Jy0
DNAを調べすぎると、日本人が単一人種ってのが大嘘で、
アジア各地からの寄せ集め雑種ってバレちゃうからダメ
38: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:35:54.78 ID:NBYjNcXp0
中国かインドだろと思ったが
そうじゃなくて「誰が日本に持ち込んだか」ってスレなのね
41: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:37:46.23 ID:68k+OWUr0
聖一国師が唐から持ち帰ってきたんじゃ無かったっけ?
67: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:53:57.76 ID:Agqjr5vn0
中国人は日本人にパクられても、あまり怒らんだろ
むしろ、アレンジされてるのを喜んでるようにも見える
茶だけじゃなく、ラーメン、餃子、漢字とか

韓国人にパクられると激怒するけどね

76: 名無しさん@1周年 2019/06/03(月) 23:58:41.29 ID:dsYCbW1y0
最澄が持ち帰ったと言われているのは茶の他には蕎麦があるな
79: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:01:18.88 ID:VwbcvFqr0
最澄が持ち帰ったと言われているのは茶の他には、衆道があるな

空海と泰範を取り合い

84: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:03:51.80 ID:rM+nEftZ0
喫茶の文化は栄西が中国から持ち帰ったって教科書に書いてあるレベルの常識なのに
勝手に「僕の考えた日本人」を叩いて喚いてる奴がいる
157: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 22:43:44.89 ID:0fQx0AM60
>>89
たぶんそれ安いやつだよ
粉の茶葉が入ってるから一杯目は濃いけど直ぐに旨味が無くなる
93: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:07:42.58 ID:qZXbo6t/0
滋賀が何を言っても、中国伝来の物は全て博多からだって
因みに、お茶と共に伝わった釜炒り製法やってないだろ
今だってアジアハイウェイ1号線は博多からだし
110: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:32:32.97 ID:GrfKHfdMO
色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす
114: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:40:12.75 ID:xuSrDP5S0
茶は南方の嘉木なり
8世紀頃、唐の陸羽によって書かれた書物「茶経」にはそう書かれている
南方とは中国の雲南省の辺りかインドのアッサム地方だと言われている
まあ、その辺が茶の原産地なんだろう
115: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 00:41:51.07 ID:K4WEwHxu0
茶は南方の嘉木なり、と中国の書にあるらしい
日本でも北関東くらいが北限だし、寒冷化の半島から伝来するわけがない
120: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 01:05:49.35 ID:DBZluF8y0
真面目な話をすれば、日本原産の茶の木が見つかるはず
山焼きをすると、どこからともなく自然と生えてくる茶の木がそれ
葉は大きめ、味は良い
茶園のお茶より20~25日ぐらい早く芽吹く
121: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 01:20:01.31 ID:k34DyorV0
韓国のお茶は
日本時代に静岡から持って行ったと
どこかで見た気がする
129: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 05:01:37.32 ID:+s+OC+qK0
茶のルーツをたどるのは学問的には有意義かもしれないが、
現代の栽培茶とは全然関係ない。現在日本で作っている茶の75%以上は
静岡の杉山彦三郎が藪の北から発見した藪北茶。
130: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 08:02:01.13 ID:K0sW6ezb0
>>129
その残り20%がどこから来たのかを調べてるのでは?
131: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 08:35:43.95 ID:rSEqDkeI0
お茶の木はツバキにごく近いから
日本原産があってもおかしくはない
136: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 11:01:13.95 ID:kXxX640V0
土山から比叡山ってかなり距離あるよな?

そろそろチャドクガの幼虫に気をつけねば

146: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 14:57:30.62 ID:yrbdfqd20
>>138
自分もお茶というと劉備と老母がテンプレになってしまってる。
168: 名無しさん@1周年 2019/06/07(金) 10:53:14.66 ID:4U9q9bwg0
155: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 16:24:02.75 ID:pnkoM8US0
インドじゃないのかな?
紅茶と緑茶は同じ木でしょ
158: 名無しさん@1周年 2019/06/04(火) 22:54:05.84 ID:zRdsAM150
茶の起源は日本。
茶ノ木は面と元々日本に自生しており、喫茶も日本が中国に先駆けて始めたもの。
最澄やら栄西が日本に持ち込んだという話は向こうの品種を持ち込んだという話にすぎない。

ちなみに漆塗りの技術も土器も日本発祥の技術。

163: 名無しさん@1周年 2019/06/05(水) 13:58:18.85 ID:aj71Ywh10
伊藤園の
お~いお茶

サンガリアの
おいしいお茶

どっちかがパクリ

178: 名無しさん@1周年 2019/06/08(土) 08:02:19.57 ID:wYTcLpOO0
昔宇治の碾茶畑でバイトしてて親方が『茶の木は一種類だけ。栽培方法と製造方法でいろんな茶になる』って言ってたけどホンマなん?

紅茶も玉露も元は同じってか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました